半田法人会青年部会活動ブログ

| main | 税務研修委員会を開催しました >>
半田法人会青年部会創立30周年記念事業
 

去る10月3日、
半田法人会青年部会創立30周年記念事業として
「大人の遠足 知多半島歴史知っ得ツアー」を
開催させていただきました。
メンバーの皆様を始め、OBの皆様にも
多くのご参加を賜り、
まことにありがとうございます。


事業内容としましては、交通の便と懇親会の設営上から
中部国際空港のコンフォートホテルに集合し、バスで出発、


午前中に知多市にある「水の生活館」を見学しました。



愛知用水について詳しく展示されており、
職員の方が愛知用水の起こりから現在に至るまでを
パネルやジオラマ等で分かりやすく
説明していただきました。
知多半島の発展に愛知用水が計り知れない恩恵を
与えてきたことを改めて痛感させられました。




昼食は東海市に移動し、「とまと記念館」で
ランチコースを頂きました。
トマトを使ったおいしい料理を皆で堪能しました。



食後、「カゴメ」の創始者である蟹江一太郎氏についての
展示や温室のようなトマト畑を見学し、日本に初めて
トマトを持ち込んだ時の苦労や地元の多くの人たちの
助けがあって、現在の「カゴメ」があるという
ことを知りました。



午後は「とまと記念館」の近くにある「平洲記念館」を
見学しました。ここは東海市出身の江戸時代の儒学者、
細井平洲先生の記念館です。平洲先生は、藩政改革で
有名な米沢藩主・上杉鷹山の師として活躍した人物です。
「学んだことを生かす」という実学が平洲先生の信条で、
吉田松陰や西郷隆盛にも影響を与えました。
平洲先生の業績や、書画等の作品を中心に展示しています。
記念館館長自ら私たちのために講義していただき、
細井平洲先生にまつわるエピソードを
楽しくお聴きすることができました。

最後に中部国際空港内の第二セントレアビル会議室に
おいて、愛知用水の実現に尽力された久野さん、
濱島さんにまつわる方々をお迎えし、
濱島さん自らが当時のエピソードをお話くださいました。



相当なご高齢であるにもかかわらず熱心に語られるお姿を
拝見して、大きな仕事を成し遂げた男たちのエネルギーや
バイタリティーを実感することができました。




懇親会はコンフォートホテル内の
イタリアン・トマト カフェ スペリオーレ」にて
講師の方々やOBの皆さんも交えて、
一日かけて学んだことを今後の糧とするべく、
楽しく、熱く、語らうことができました。



終わりに、本事業の設営にご協力いただいた関係各位の
方々に書面をもちまして御礼申し上げます。

| 記念事業 | 23:58 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |









http://seinenbukai.taxkun.net/trackback/2
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
+ SELECTED ENTRIES
+ CATEGORIES
+ ARCHIVES
+ MOBILE
qrcode
+ LINKS
+ PROFILE
+ OTHERS
このページの先頭へ